当社では、独自のノウハウで菌数を低く抑える洗浄方法を用いるとともに、生鮮食品の鮮度と品質を保つ仕組みを作り上げました。
 産地との契約栽培は、冷蔵庫の設置により、消費者の要望にいち早く応えられるだけでなく、かよいコンテナ輸送による段ボール経費等のコスト軽減という大きな生産者メリットを生んでいます。
 地域・季節特性を活かした農家との契約栽培を展開することで、年間を通じた安定供給が可能になりました。また、コールドチェーン化を導入し、年間を通じて野菜の温度を一定に保ち、品質の管理を徹底しております。
 水沢に流通の拠点を置くことで、東北6県のお客様により速く供給でき、今後は北関東をはじめ全国に向け、商品供給の体制を整えてまいります。
 
写真左:大型野菜冷蔵庫
写真右:真空パック処理